TOEIC500点を最速で取るための勉強方法【レベルや学習時間も解説】

TOEICで500点を最速で取るための勉強方法【レベルや学習時間も解説】

「TOEICをこれから受けようと思っているんだけど、まずは500点を目指したいな。でも、どうやって勉強していけばいいんだろう?おすすめの参考書や教材も知りたいな。」

 

このような悩みをお持ちの方に、本記事では答えていきます。

 

僕はもともとはTOEICのスコアは400点ちょっとでして、英語は苦手な部類でした。

 

それでも、海外に対して漠然とした憧れはあったので、TOEICや英語を勉強することを決意しました。それが大学生の時でした。

 

でも当然初心者でしたから、どのように勉強すればTOEICのスコアが上がるか、どのような教材を使えば英語が使えるようになるのか、当時はそれが全くわかりませんでした。ですので、自分でネットで英語勉強法の情報を調べたり、実際にいろんな教材に手を出してみたりと、試行錯誤しながら勉強をしてきました。

 

その結果、TOEIC400点を取ってから僅か3ヶ月で、TOEIC500点のみならず、TOEIC600点を超えることができました。

 

その後は順当にスコアを伸ばしていきTOEICは800点台に。さらには仕事で英語のプレゼンを任されたり、20代で海外駐在を任され現地で英語を毎日使ってビジネスをしたりと、昔の英語ができなかった自分と比較すると、本当にいろいろと変わりました。控えめにいっても、英語ができるようになってから人生は何倍も良くなりました。

 

そこで本記事では、もともとTOEIC400点弱だった僕が、TOEIC500点を超える勉強法や教材を厳選してご紹介します。これからTOEICの勉強をはじめ、まずはTOEIC500点を超えたい。そんな思いをお持ちなら、5分時間を取って読んでみてください。

 

TOEIC500点は最低限超えておきたいライン

TOEIC500点は初心者でも最低限超えたいライン

 

上記のとおりでして、TOEIC500点は、初心者でも最低限超えておきたいラインです。

 

詳しいTOEIC500点のレベルはこれから実データ含めて後述しますが、今までの学歴や経歴関係なしに、誰でもやれば取れるレベルです。

 

僕もTOEIC500点はあっという間に超えることができましたし、周囲を見ていても、TOEIC500点はスッと超えていく人が多いですね。普通に正しい勉強をすれば、TOEIC500点を超えること自体は苦はありません。

 

TOEIC500点のレベル

TOEIC500点のレベル

 

ではTOEIC500点が実際にどの程度のレベルなのか、それについて見ていきましょう。以下の図はTOEICスコアの分布を表した図です。

 

TOEICスコアの分布

 

TOEIC 500点 平均

引用:平均スコア・スコア分布 詳細 (第232回)TOEIC

 

ちょうど500点のデータがなかったので495点を参考としていますが、上記のオレンジが495点以上と以下の境目でして、

 

  • 495点以下の人:全体の34%
  • 496点以上の人:全体の66%

 

このような割合になっています。受講者全体の66%以上の人は、すでにTOEIC500点を超えています。こう見ると、かなり多くの人がTOEIC500点を取っていることは、見てわかるかと思います。

 

TOEIC 500点 平均

引用:平均スコア・スコア分布 詳細 (第232回)TOEIC

 

参考までに、495点以下の方の分布図ものせておきます。TOEIC300点以下(正確にはTOEIC295点以下)の場合、全体のわずか4.4%しかいないです。

 

このように、TOEIC500点は全体のスコア分布を見ても決して高くないので、まず初心者が最低限目指したいラインです。

 

TOEIC500点を取るために必要な勉強時間(学習時間)

TOEIC500点を取るために必要な勉強時間

 

TOEICスコアと必要学習時間の関係については、TOEIC専門講師であるTEX加藤氏が以下のように回答を行っています。

 

TOEICの魅力は、勉強すれば確実にスコアが伸びることにあると思います。一夜漬けでは、英語力がない段階で高得点は取ることは難しいですが、勉強すれば確実にスコアが上がります。私の指導経験では、毎日3時間勉強すると、3カ月間で約100点スコアがアップするという結果がでました。つまり、200~300時間勉強で100点もアップすることができるのです。

引用:プロに聞くTOEIC勉強法 短期間でスコアを伸ばしたいなら、リスニングに重点を。

 

  • 200〜300時間の勉強→100点のスコアアップ

 

TEX加藤氏の研究によると、200〜300時間勉強すれば、100点のスコアアップが見込めます。つまり、現在のあなたの点数によって、TOEIC500点を取るために必要な勉強時間は以下のようになります。

 

  • TOEIC200点の場合→600〜900時間必要
  • TOEIC300点の場合→400〜600時間必要
  • TOEIC400点の場合→200〜300時間必要

 

このようなイメージです。そもそもTOEIC300点の方はかなり少数派なので、だいたい普通のレベルであれば、TOEIC400点前後くらいかと思います。その場合、200〜300時間勉強すれば、TOEIC500点は現実的ということです。

 

勉強時間はあくまで目安

ただし、知っておくべきは、上記の勉強時間はあくまで目安ということです。

 

良い参考書や良い勉強方法を活用すれば当然、勉強時間はもっと少なくて済みます。一方、良くない教材や勉強方法を使えば、その分勉強時間が増えます。

 

忙しい中で時間を取ってTOEICを勉強するなら、少ない時間でスコアアップを達成したいですよね。だからこそ、良い教材や勉強方法を使うことにこだわり切りたいところです。

 

TOEIC500点を取るための勉強方法【おすすめ教材・参考書付き】

TOEIC500点を取るための勉強方法

 

TOEIC500点を取る勉強法は非常にシンプルでして、結論、以下をやればOKです。

 

  1. 「英語基礎力」と「TOEIC基礎力」が同時に身につく教材を使い込む
  2. TOEICの公式問題集を解く

 

これだけです。これだけ徹底的にやれば、TOEIC500点は割とすぐに到達できるかと思います。

 

1. 「英語基礎力」と「TOEIC基礎力」が同時に身につく教材を使い込む

TOEIC500点は、「基本的な英語力」「基本的なTOEIC対策」をしていれば、十分達成できるレベルです。だからこそ、英語全般と、TOEICの基本レベルが身につく教材を使って勉強しましょう。

 

じゃあどんな教材が最も適しているかというと、英語やTOEIC全般の基礎力を身につける上で一番良いのは、スタディサプリEnglishです。

 

スタディサプリEnglishはリクルートが運営している英語学習アプリです。特徴としては、いつでもどこでも、スマホやPCさえあれば一人で学習でき、かつ楽しく学べる内容になっていることです。

 

カリスマTOEIC講師も招いた動画コンテンツもあり、初心者でも楽しく、無理なく続けられる仕様になっていますので、英語の勉強が苦手な方でも楽しく学べるかと思います。

 

スタディサプリ 神動画

実際のスマホの画面。動画コンテンツでTOEICに必要な知識が学べます!

 

ちなみに僕も、もうかれこれ1年半以上使ってきていますが、スタディサプリEnglishはTOEIC対策としてだけでなく、「話す」「聞く」といった実践で使える英語力も同時に身につく内容です。その点でも、英語の基礎力、TOEICの基礎力を総合的に高めるために効果が高いアプリです。

 

なお、このスタディサプリEnglishにはTOEIC対策コース日常英会話コースの2つがありますが、TOEIC対策コースを受講すれば、日常英会話コースも無料で使うことができます。これ一つを徹底的にやるだけでも、TOEIC500点は十分現実的ですね。

 

>>スタディサプリEnglishを7日間無料で試してみる(公式サイトへ飛びます)

 

▼詳細はこちら

 

2. TOEICの公式問題集を解く

同時に、TOEIC公式問題集を通じて、TOEICテスト自体に慣れておくことが必要です。

 

初めてTOEICテストを受ける初心者の多くが、最初に失敗することは「時間配分」です。TOEICはテストは意外とテスト時間に余裕がないため、時間配分を考えずに問題を解いていると、あとで時間が足りなくなります。

 

また、TOEICはTOEIC特有の問題形式や出題傾向というものがあるので、それもTOEIC公式問題集を通じて理解し、慣れておくことが、TOEICの高得点を取るポイントです。

 

スポーツもそうですが、基礎練だけやっていて、練習試合をやっていなければ、本番の試合では勝てませんよね。TOEICも同じで、本番さながらの形式で練習試合なるものをやるからこそ、テスト本番で実力を発揮することができます。

 

その他おすすめの勉強法や教材

TOEIC500点レベルであれば、基本的にはスタディサプリEnglishと公式問題集だけで十分かと思います。TOEIC500点はレベルとしてそこまで高くないですし、基本的なことをしっかり押さえていれば、十分到達できます。実際、スタディサプリEnglishはTOEIC600点、700点、800点を超える際にもかなり使えるので、TOEIC500点ならこれ一つで十分かと思います。

 

また、もしTOEIC600点以上を見据えて勉強するなら、スタディサプリEnglish以外の補助ツールとして、「発音」「文法」「単語」などの参考書を併用して使いながら勉強していくと良いです。

 

TOEIC600点以上を目指す場合については、TOEIC600点を3ヶ月で達成する勉強法【参考書も紹介】の記事でおすすめ参考書などをまとめているので参考にどうぞ。

 

参考TOEIC600点を3ヶ月で達成する勉強法【参考書も紹介】

 

一気にTOEICスコアを挙げたいなら

 

もし多少お金をかけてでも、一気にTOEICスコアを600点、700点と上げたいのであれば、スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプランを利用することを検討してみると良いです。

パーソナルコーチプランは、完全に一人で学習する通常のTOEIC対策コースとは異なり、オンラインで専属コーチがつくプランです。パーソナルコーチプランでは、あなたに合ったTOEIC学習プランの策定から、チャットまたは音声通話を通じたアドバイスまで、TOEICスコアを爆発的に上げるためのフルサポートを受けることができます。

 

前述したTOEIC対策コースは月額3,278円であり、3ヶ月9,940円と1万円を切る価格設定ですが、スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプランは3ヶ月74,800円と、およそ6倍の価格となっています。

 

ですので、多少お金をかけてでも、短期間でTOEICスコアを一気に上げたいならスタディサプリENGLISH パーソナルコーチプランを、一方まずはお金をかけずに小さくスタートしたいなら、TOEIC対策コースを受けることがおすすめです。

 

なお、「TOEIC対策コース」「パーソナルコーチプラン」ともに、どちらも公式サイトから7日間の無料体験ができるので、気になるなら一度トライしてみると良いと思います。

>>スタディサプリEnglishを早速無料で試してみる(公式サイトへ)

 

まとめ

TOEIC 500点 勉強方法

 

述べてきた通り、TOEIC500点は、初心者でも最低限超えておきたいスコアです。TOEIC500点はやれば誰でも取れるレベルではありますが、それでも使う教材や勉強法によって、500点に到達するまでの時間は変わってきます。だからこそ、良い教材を使うことにこだわりましょう。

 

本記事でご紹介した教材や勉強法は、かなりシンプルな部類だと思います。これまで多くの教材を使ってきて、相応に苦労してきた中で厳選したものなので、効果は高いかと自負しています。

 

冒頭でも述べましたが、僕はもともと英語ができませんでしたが、英語ができるようになってから人生は好転しました。プライベートに関しては、海外に行けば現地の人とコミュニケーションが取れるようになり、世界中に友達ができました。仕事に関しては、英語のプレゼンや海外駐在を任されるようになりました。おかげで年収も100万円単位で大きく上がりましたし、就職・転職にも英語力は活きます。

 

英語やTOEICは学んで得することは100あっても、損することはほとんどありません。今回ご紹介した内容は時間も取られにくい勉強法ですし、手軽に始めて効果を実感できるかと思います。

 

ということで、今日からスタートすれば、最短1ヶ月でもTOEIC500点を取ることは現実的です。スマホやPCさえあれば今すぐできるスタディサプリEnglish TOEIC対策コースを早速トライしてみましょう。

 

スタディサプリEnglishを7日間無料で試してみる(公式サイトへ飛びます)

 

▼詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA