TOEIC600点を3ヶ月で達成する勉強法【参考書も紹介】

TOEIC600点を3ヶ月で達成する勉強法【参考書も紹介】

「TOEICで600点を取りたいんだけど、どうやって勉強していけば良いんだろう?」

 

あなたはこのような悩みをお持ちではないでしょうか?

 

僕は今でこそTOEICで800点を超え、日常英会話やビジネス英会話を問題なく使えるようになりましたが、もともとはTOEICも400点ちょっと。英語は全くダメな人でした。

 

当時は英語初心者でしたので、どのように勉強すれば、TOEICのスコアが上がるか全くわからなかったです。ですので、ネットで情報を調べたり、いろんな教材を試したり、試行錯誤して勉強しました。

 

その結果、TOEIC400点を取ってから僅か3ヶ月で、TOEIC600点を超えることができました。

 

そこで本記事では、もともとTOEIC400点弱だった僕が、TOEIC600点を3ヶ月で取った勉強法をご紹介します。

 

その後も英語の勉強はずっと続けており、当時より良い教材も出てきていますので、それらを含めた最新版としてご紹介できればと思います。

 

TOEIC600点は誰でも取れます【難しくない】

TOEIC600点は誰でも取れます【難しくない】

 

まずはじめに、TOEIC600点は誰でも取れます。

 

TOEIC600点というと、初めはすごく遠く感じるかと思いますが、実際はそこまで大変ではありません。英語初心者の方でも大丈夫です。

 

まずはTOEIC600点というのがどの程度のレベルなのか、そこからみていきましょう。

 

TOEIC600点のレベル

TOEIC600点のレベル

 

TOEIC600点のレベルを把握するため、TOEIC受講者のスコア分布や平均スコアデータを見てみましょう。まず、TOEICのスコア分布です。

 

TOEICスコアの分布

TOEICスコアの分布

引用:平均スコア・スコア分布 詳細 (第232回)TOEIC

 

ちょうど600点のデータがなかったので595点を参考としていますが、上記のオレンジが、595点以上と以下の境目でして、

 

  • 595点以下の人:全体の54.1%
  • 596点以上の人:全体の45.9%

 

このようになっています。このように、およそ半分未満くらいの人が、TOEIC600点を超えています。こう見ると、多くの人が600点近くを取っていることが見て取れるかと思います。

 

TOEIC スコア分布

引用:平均スコア・スコア分布 詳細 (第232回)TOEIC

 

もっと下のスコアの方も表した図が上記です。

 

  • 495点以下の人:全体の34%
  • 395点以下の人:全体の16.2%
  • 295点以下の人:全体の4.4%

 

このような感じです。395点以下となると、16.2%しかいないです。僕は最初は400点弱でしたので、下位20%くらいだったんですね。。

 

このように、TOEIC600点というのは、だいたい半分よりちょっと上くらいのイメージです。上位10%、20%とかではないので、普通に取り組めば目指せるレベルです。

 

TOEIC600点を取るために必要な勉強時間(学習時間)

TOEIC600点を取るために必要な勉強時間(学習時間)

 

TOEIC勉強に費やす時間とスコアの関係について、TOEIC専門講師であるTEX加藤氏は、以下のように回答を行っています。

 

TOEICの魅力は、勉強すれば確実にスコアが伸びることにあると思います。一夜漬けでは、英語力がない段階で高得点は取ることは難しいですが、勉強すれば確実にスコアが上がります。私の指導経験では、毎日3時間勉強すると、3カ月間で約100点スコアがアップするという結果がでました。つまり、200~300時間勉強で100点もアップすることができるのです。

引用:プロに聞くTOEIC勉強法 短期間でスコアを伸ばしたいなら、リスニングに重点を。

 

これによると、

 

  • 200〜300時間勉強→100点のスコアアップ

 

200〜300時間勉強すると、100点のスコアアップが見込めます。つまり、現在のあなたの点数によって、必要な勉強時間は以下のようになります。

 

  • TOEIC300点の場合→600〜900時間必要
  • TOEIC400点の場合→400〜600時間必要
  • TOEIC500点の場合→200〜300時間必要

 

現在の点数に応じて、これくらいの勉強時間が必要となります。

 

勉強時間は目安。もっと短くできる

ただし、これはあくまで目安です。正しい教材を、正しい勉強法で活用して行けば、上記よりもっと早く600点を超えることは十分可能です。

 

一方、逆も然りです。適当な教材を、適当な勉強法で取り込んでいたら、もっと時間を要することにもなりかねません。

 

正しい教材や正しい勉強法を、しっかりと把握してから取り組むことが必要ですね。本記事では、正しい教材や勉強法をご紹介するのでご安心ください。

 

TOEIC600点を取った時の体験談

TOEIC600点を取った時の体験談

 

少し僕がTOEIC600点を取った時の話を。僕がTOEIC600点をとった時は大学生の時でした。その当時は、英語に対しては苦手意識を抱えていましたが、海外旅行が好きだったので、「英語を使えるようになりたい」「海外に関する仕事ができたら楽しいだろうな」と思い、TOEIC受講を決めました。

 

意を決して参考書を買い集めて必死に勉強しましたが、TOEICを受講した結果、最初の点数は400点弱でした。もっと取れるだろうと思っていましたが、全然ダメでしたね。

 

今思うと原因はわかるのですが、主要因は「自己流」でやっていたからです。参考書だってなんとなく書店に並んでいるものを買い、勉強法もただ参考書を解くことしかしていなかったので、今考えると良くなかったですね。

 

そこからは様々な教材、勉強法を研究し、正しい勉強法を意識していきました。そしてそこから3ヶ月後には、TOEIC600点を超えることができました。

 

これが僕の話です。点数が伸びない人こそ、正しい教材や勉強法を知るべきだと、自身の経験からそう感じます。

 

TOEIC600点を3ヶ月で達成する勉強法や学習のコツ【おすすめ参考書やアプリ付き】

TOEIC600点を3ヶ月で達成する勉強法や学習のコツ【おすすめ参考書やアプリ付き】

 

それでは、TOEIC600点を3ヶ月で達成する勉強法をご紹介します。

 

TOEIC600点を超えるための勉強法

  1. TOEIC(英語)の基礎力を身につける
  2. 発音を学ぶ
  3. 単語を覚える
  4. 文法を覚える
  5. TOEIC専用の対策をする

 

上記の1〜5をやることです。基本的に一通りやるべきですが、迷ったら上から順にやっていけばOKです。

 

1. TOEIC(英語)の基礎力を身につける

まずは、TOEIC(英語)の基礎力を身につけることが何より必要です。

 

これからTOEIC600点を目指す場合、まだ英語自体に慣れていない方も多いと思います。

 

地盤がぐらついているところに、建物を建ててもダメですよね。これと同じで、基礎力がない状態で、闇雲に勉強しても吸収力は弱いです。

 

基礎力は最初にしっかり身につけておくことで、その後の勉強も吸収力が上がりますから、ここはしっかりやっておくことが必要です。

 

おすすめの教材は「スタディサプリEnglish」

英語やTOEIC全般の基礎力を身につける上で、一番おすすめはスタディサプリEnglishです。

 

スタディサプリEnglishはリクルートが出している英語学習アプリです。いつでもどこでもスマホさえあれば一人で学習でき、かつ楽しく学べることが特徴です。

 

TOEICのカリスマ講師を招いた動画コンテンツ(講義動画)もあるので、TOEIC専門の予備校に通うレベルのレッスンを、スマホを通じてすることができます。

 

スタディサプリ 神動画

実際のスマホの画面。TOEIC予備校に通うような本格的な勉強が、スマホアプリでできます!

 

僕も、かれこれ1年半以上使ってきていますが、スタディサプリEnglishはTOEIC対策として有効的なだけでなく、「話す」「聞く」などの使える英語力も身につきやすいです。

 

スタディサプリEnglishにはTOEIC対策コース日常英会話コースの2つがありますが、TOEIC対策コースを受講すれば、日常英会話コースも無料で使えます。

 

TOEIC900点以上などの上級者には少し物足りないかもしれませんが、TOEIC600点を目指すには、個人的に一番重宝するアプリですね。

 

TOEIC対策コースの無料体験では、前述した「講義動画(神動画と言われています)」も無料で観れます。これを観るだけでも学びが大きいので、以下公式サイトからチェックしてみることがおすすめです!

>>スタディサプリEnglishを7日間無料で試してみる(公式サイトへ飛びます)

 

▼詳細はこちら

 

2. 発音を学ぶ

重点的にやっておきたいのは発音です。発音って疎かにしがちですが、実は英語を身につける上で、最も重要と言っても過言ではないほど、必要な分野です。

 

おすすめの教材は「英語耳」

発音を学ぶなら、英語耳という参考書がおすすめです。

 

英語耳は、自分で発音できない音は決して聞き取ることはできないという意見のもと、発音を体系的に学ぶための本です。

 

英語が全然ダメだった僕は、ラジオの聞き流しをしていたりしました。ですが、正直リスニングが伸びる実感はほとんどありませんでした。

 

それでも、この英語耳を使って英語の発音を体系的に学んだことで、聞き取れる音が格段に増えました。音のつながりとかもわかるようになりました。

 

英語のリスニングに苦手意識がある人こそ、まずは英語耳を一冊、徹底的にやり込むことが良いです。これをしっかりやれば、TOEIC600点だけでなく、TOEIC700点、800点を超えるリスニングの基礎力は十分つくかと思います。

 

3. 単語を覚える

TOEICテストは単語さえわかれば、意外と解ける問題も多いです。単語がわかれば実際のコミュニケーションでも使えるので、単語の勉強もあわせてやっておきましょう。

 

おすすめの教材は「金のフレーズ」

おすすめは金のフレーズです。

 

金のフレーズはTOEICの頻出単語を厳選した単語帳でして、コレ一冊でTOEIC600点を目指すレベルとしては十分な内容となっています。こちらも英語耳同様、徹底的に一冊をやり込むことが大事です。

 

勉強法としては、人の記憶は寝ている間に定着しますので、単語を覚えるなら夜寝る前の10分にやるのが一番効率的ですね。

 

寝る前10分に単語帳を眺め、翌朝起きたらすぐに、前日覚えた単語を、本を見ないで思い出してみめください。

 

ここでパッと思い出せた単語は、記憶に残りやすかったです。逆に思い出せなかったものは記憶に残りにくかったので、その夜に再度眺め、翌日思い出してみましょう。

 

これを繰り返していると、驚くほど早く英単語は覚えられました。かなり効果的なので、ぜひ試してみてください。

 

4. 文法を覚える

単語同様、文法も覚える必要があります。とはいえ、文法は高いレベルは必要なく、これまで学校で学んできた高校レベルで十分です。

 

おすすめの教材は「一億人の英文法」

高校時代の文法の教科書を引っ張ってきても良いのですが、英語の文法書って基本的に複雑です。

 

ですので、もっとわかりやすい参考書を使いたいなら、一億人の英文法が特におすすめですね。

 

一億人の英文法は、日本人の脳を理解した上で、日本人が理解しやすいように英文法がまとめられています。そのため、他の参考書と比較しても、個人的に特にわかりやすかったです。スッと内容が頭に入ってくるイメージです。

 

これ一冊やればTOEIC600点用の文法としては十分です。文法については、こちらも徹底的に一冊をやりこみましょう。

 

5. TOEIC専用の対策をする

ここまではTOEICもそうですが、英語力全般の引き上げを意識した勉強法でした。

 

TOEICで高得点を目指すためには、TOEIC特有の対策もしておく必要があります。

 

おすすめの教材

必ずやっておく必要があるのはTOEIC公式問題集です。

 

TOEICはどのパートにどれだけの時間をかけるか、その時間配分が大事です。おそらく、いきなり試験本番を受けると玉砕します。。

 

だからこそ、TOEICテスト本番と同様の形式で、問題に慣れておくことが大事です。公式問題集であれば本番と同じ出題形式で試せるので、TOEICテスト特有の対策になるかと思います。

 

TOEICスコアを短期間で一気に上げたいなら

また、もし多少お金をかけてでも、一気にTOEICスコアを700点、800点と上げたいのであれば、パーソナルコーチがTOEICスコアアップのサポートをしてくれる「英語コーチング」を利用することもおすすめです。

 

英語コーチングとは、わかりやすく言うと「トレーニングジムのライザップの英語バージョン」です。

 

英語バイリンガルのコーチが日々の学習計画を作ることから、毎日学習がちゃんとできているか進捗管理まで、一貫してサポートしてくれることが特徴です。

 

挫折したくても挫折できない環境を作れるので、3ヶ月でTOEIC600点のみならず、700点、800点というスコアも十分達成できる環境です。

 

TOEICに強い英語コーチング

参考までに、TOEICに強い英語コーチングも紹介しておきます。検討してみたい場合は、参考にしてみてください。

 

 

結論、上記3つが評判が良く、TOEICの実績も豊富なスクールです。

 

プログリット(PROGRIT)はTOEIC対策に強い英語コーチングです。サッカーの本田圭佑選手も利用しており、絶賛していることでも有名となっています。TOEIC200点アップだけでなく、300点、400点アップを2〜3ヶ月で達成している人も多く出ているので、最も実績あるスクールの立ち位置です。

 

スタディサプリEnglishパーソナルコーチプランは、一人で学習することに自信がない方を対象に、オンラインで専属コーチがつくプランです。あなたに合ったTOEIC学習プランの策定から、チャットや音声通話を通じたアドバイスまで、TOEICスコアを加速的に向上させるためのサポートを受けることができます。

 

前述したスタディサプリのTOEIC対策コースは月額3,278円、3ヶ月9,940円なのに対し、スタディサプリEnglish パーソナルコーチプランは3ヶ月74,800円となっています。

 

多少お金をかけてでも、短期間でTOEICスコアを一気に上げたいならスタディサプリEnglishパーソナルコーチプランを、まずはお金をかけず、小さくスタートしたいなら、TOEIC対策コースを受けることが良いですね。

 

最後のライザップイングリッシュは、ライザップが提供する英会話パーソナルジムです。ライザップの真髄である徹底したスパルタ進捗管理の元、3ヶ月でTOEIC600点は十分実現できる環境です。

 

この3つが、短期間でTOEICスコアを高めるならおすすめの英語コーチングです。

 

無料カウンセリングや無料体験もお試し可能

なお、上記3つとも「無料カウンセリング」や「無料体験」をすることができます。

 

一人で学習する自信がなかったり、なんとしてもTOEIC600点を3ヶ月以内に達成したい場合は、無料で話を聞きながら、検討してみると良いと思いますよ。

 

ちなみにプログリット(PROGRIT)ライザップイングリッシュの無料カウンセリングでは、TOEICで600点を取るためのあなたの課題特定や、実際の学習計画まで、無料カウンセリングですべて教えてくれるとのことでした。

 

話を聞いてみるだけでも、メリットは間違いなくあると思います。もちろん、無料カウンセリングを受けたからと言って、本受講する必要はないのでご安心を。

 

まとめ

TOEIC 600点

 

述べてきた通り、TOEIC600点は誰でも取ることができます。

 

ただし、使う教材や勉強法によって到達までの時間は変わってきますから、良い教材、良い勉強法を使うことにこだわりきることが大切ですね。

 

TOEICスコア600点というと、履歴書に書けるレベルです。就職や転職で、英語関連の求人は年収も高めに設定されていますし、そういった仕事に就けば、グローバルに活躍することもできます。

 

僕も英語ができるようになってからは、海外に行った時は現地でコミュニケーションが取れるようになり、旅は何倍も楽しくなりました。

 

世界中に友達もできましたし、大学卒業後は国際系の仕事につき、海外駐在も経験できました。あの時、意を決して英語を学んで、本当に良かったと思っています。

 

ということで、今日からスタートすれば3ヶ月にTOEIC600点を取ることも現実的です。まずはスマホさえあれば今すぐできるスタディサプリEnglish TOEIC対策コースからトライすることが良いですね。

 

スタディサプリEnglishを7日間無料で試してみる(公式サイトへ飛びます)

 

▼詳細はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA