隙間時間の3分でOKな英語勉強法!【ちょっとした空き時間の英語学習にぴったり】

隙間時間の3分でOKな英語勉強法!【ちょっとした空き時間に英語学習】

「無駄に過ごしがちな隙間時間を活用して、英語を勉強してみたいな。」

「そもそも隙間時間の勉強だけで英語はできるようになるのかな?」

「ちょっとした空き時間でできる英語勉強法のおすすめが知りたい」

 

このような疑問に本記事では答えます。

 

結論から言うと、隙間時間に英語学習するだけでも英語力は身につきますし、隙間時間にぴったりの勉強法も存在します。

 

そこで本記事では「隙間時間に3分からできる英語勉強法」を紹介します。

 

本記事でご紹介する勉強法を使えば、無駄に過ごしがちな隙間時間を活用し、英語を習得することが可能ですよ。

 

簡単に、私の経歴

これを書いている私は、現在英語を使って仕事をしています。もともとは外国人を前にすると、緊張で英語が全く話せない初心者でしたが、今では日本人が一人の環境へ海外赴任し、英語だけで外国人スタッフ数十名をマネジメントしたり、英語でプレゼンをバリバリできるようになりました。

 

本記事の勉強法は、私が英語ができるようになるまでに実際にやってきた勉強方法です。そのため、効果は保証できます。3分ほどで読めるので、よければ続きをどうぞ。

 

英語学習に隙間時間の活用がおすすめな理由

英語学習に隙間時間の活用がおすすめな理由

 

  1. ちょっとした隙間時間でも英語学習はできるから
  2. 隙間時間を活用すると学習継続しやすいから
  3. 隙間時間を積み重ねると十分な時間になるから

 

英語学習に隙間時間の活用がおすすめな理由は上記3つです。それぞれ解説しますね。

 

1. ちょっとした隙間時間でも英語学習はできるから

「英語学習=まとまった時間が必要」と思っていませんか?結論から言うと、英語学習にまとまった時間は必ずしも必要ありません。

 

それこそ、1回3分程度の学習でも、効率的な方法で集中して行えば、十分な学習効果を得ることは可能です。

 

例えば、1回3分を集中してやるのと、1回30分をダラダラやるのでは、1回3分の方が学習効果が高いことは往々にしてあります。

 

もちろん、30分集中してやれば、より大きな効果を得やすいことは事実です。ですが、隙間時間の英語学習であっても、効果はありますよ。

 

2. 隙間時間を活用すると学習継続しやすいから

隙間時間の良いところは「学習を継続しやすいこと」です。

 

そもそも英語学習で挫折するパターンには次のようなものがあります。

 

英語学習で継続できず挫折するパターン

  • 毎日の学習が面倒になった
  • 他の予定を犠牲にしてまで学習したくない

 

こういった理由があります。面倒という気持ちや、優先順位が低いことから他の予定を優先させたくなる気持ちが、挫折の原因になることが多いんですよね。

 

その点隙間時間の学習であれば、そもそも無駄に過ごしがちな時間を活用するだけです。隙間時間の行動を習慣化すれば、面倒な気持ちも消せますし、何かの予定を犠牲にすることもなく、時間活用だけで始めることができます。

 

ですので、今の日常をそこまで変化させることなく、なんとなく過ごしがちな時間の使い方を変えるだけでできるんですよね。ですから、習慣さえ身につけてしまえば、隙間時間ほど英語学習を継続しやすいことはありません。

 

3. 隙間時間を積み重ねると十分な時間になるから

隙間時間は1回だと少ないものの、回数を積み重ねていくことで、十分な勉強時間になります。

 

隙間時間って意外とたくさんあるものです。

 

英語学習できる隙間時間の例

  • 駅のホームにいる時間
  • なんとなく電車に乗っている時間
  • 会社や学校の昼休み
  • 夕食を食べる前の空き時間
  • ご飯を食べた後ダラダラしている時間
  • 寝る前の時間

 

など、私も自分の隙間時間を計算してみたところ、毎日1〜2時間くらいは何をやっていたかわからない時間がありました。

 

こういった時間を積み重ねるだけでも、1日1〜2時間などの勉強時間は確保できるケースが多いです。これだけ学習できれば、確かな学習効果も十分実感していけます。

 

例:TOEIC100点UPに必要な時間は200〜300時間

例えば、隙間時間でTOEIC学習をしたい場合、TOEICで100点UPに必要な時間は大体200〜300時間と言われています。

 

仮に1日1時間の隙間時間を捻出できた場合、1ヶ月で30時間、1年で360時間となります。つまり、隙間時間で毎日1時間勉強ができれば、それだけでもTOEIC100点UPは十分目指せるんですよね。

 

上記はあくまで目安の学習時間なので、良い学習教材を使い、良い勉強法で学習すれば、もっと短期間でTOEICスコアアップもできますし、英語力を上達させることもできます。

 

このように、隙間時間や空き時間で英語を勉強する習慣をつけると、無理なく英語を身につけることができますよ。

 

ちょっとした隙間時間(空き時間)にできる英語勉強法

ちょっとした隙間時間(空き時間)にできる英語勉強法

 

  1. スタディサプリEnglishで「英語の総合力」を身につける
  2. 瞬間英作文で「英文を瞬時に作る力」をつける
  3. Podcastでディクテーションして「リスニング力」を高める

 

結論、上記の勉強方法がおすすめです。それぞれ解説します。

 

1. スタディサプリEnglishで「英語の総合力」を身につける

一番おすすめなのはスタディサプリENGLISHで勉強することです。

 

スタディサプリENGLISHとは?

スタディサプリENGLISHはリクルートが運営する英語学習アプリで、APPストア人気No.1、累計100万ダウンロードを突破した人気アプリです。

 

特筆点は、とにかく手軽に英語力を身につけられることです。スタディサプリは英会話に必要なリスニング、スピーキング、リーディング、文法や単語、発音といった力を、アプリ一つで学べるようになっています。

 

隙間時間、英語、勉強

 

英語を勉強する際、文法の参考書を買ったり、単語帳を買ったり、スピーキング用の教材を買ったりと、いろいろ揃えること自体が面倒ですよね。しかも参考書の場合、移動の際に持っていくとかさばるので、持っていくのが面倒になり、結局勉強を継続できないことにも陥りがちです。

 

その点はスタディサプリENGLISHはスマホアプリ一つで、いつでもどこでも気軽に英語学習ができます。この手軽さが、隙間時間の英語学習にぴったりですね。

 

加えて、1レッスン3分からできるので、ちょっとした隙間時間の活用に特におすすめです。

 

費用も良心的で、一番人気の新日常英会話コースで月額2,178円です。スタディサプリの効果実感までの平均月数は2.8ヶ月となっているので、2回の飲み会を我慢すれば、それだけで英語力を身につけた自分に生まれ変わることができます。安すぎる投資だと思います。

 

加えて今なら7日間は「無料体験」もできるとのことです。無料利用するためには一度有料会員登録が必要ですが、7日経つ前に解約すれば、1円もかからない仕組みです。

 

解約もスマホで簡単にできるので、気軽に試してみると良いかもしれませんね。実際に使ってみることで、隙間時間で英語学習できそうか、イメージも湧いてくると思いますよ。

>>スタディサプリEnglish7日間無料体験

 

2. 瞬間英作文で「英文を瞬時に作る力」をつける

スタディサプリEnglishと同じく、隙間時間の学習でおすすめなのは瞬間英作文です。

 

瞬間英作文ってどんなもの?

瞬間英作文とは「日本語の文を瞬時に英文として組み立てること」を指します。日本語をパッと英語に変換するイメージです。

このトレーニングを積むことで、いざ外国人を前にした時でも、とっさに英語が頭に浮かんでくるようになります。

 

瞬間英作文は頭の中だけで完結できるので、移動中などの隙間時間の数分でも、いつでもやることができます。

 

始め方がイマイチイメージつかない場合は、瞬間英作文専用の参考書であるどんどん話すための瞬間英作文トレーニング という本を使えば、初めてでも簡単に始めることができますよ。慣れてくれば参考書がなくてもできます。

 

3. 動画やPodcastでディクテーションして「リスニング力」を高める

隙間時間の学習は「動画」や「Podcast」を使い、ディクテーションすることもおすすめです。

 

ディクテーションとは?

ディクテーションとは、聞いた英語をそのまま書き取るトレーニングを指します。ディクテーションは英語を正確に聞き取る「リスニング力」「精聴力」を磨く際にとても有効です。

 

ディクテーションは私のリスニング力が飛躍的に上がった学習方法で、特におすすめしています。

 

最近は英語学習用の「動画」や「Podcast」も多く存在します。例えばTEDというサービスを使えば、無料で英語の講義動画を視聴することができます。

 

字幕はもちろん、英文スクリプトもしっかりついているので、ディクテーション教材としてもぴったりです。隙間時間の10分をディクテーションに充てるだけでも、英語のリスニング力は間違いなく伸びますよ。

 

ディクテーションはスタディサプリEnglishでもできる

なお、ディクテーションは紙とペンが必要な勉強法ですが、前述したスタディサプリENGLISHには、スマホでディクテーションのレッスンをすることもできます。

 

隙間時間、英語、勉強

 

上記の通り、聞いた英語をスマホで書き取ることで、リスニング力を高めることができます。

 

いつでもどこでもディクテーションして、英語を聞き取れる耳を手に入れたい場合も、スタディサプリENGLISHはおすすめです。

 

まとめ

ちょっとした隙間時間(空き時間)にできる英語勉強法

 

述べてきた通り、毎日無駄に過ごしがちな「隙間時間」を英語学習に充てるだけでも、英語力は確実に伸びていきます。

 

中でも今回紹介した勉強法は、隙間時間でも手軽にできる上に、学習効果が高いものです。これらの学習方法を日常に取り入れるだけでも、英語を話す力や、聞く力は身につきます。

 

無理なく、英語学習を継続し、英語ができる理想の自分に生まれ変わりましょう!

 

隙間時間にぴったりな英語勉強ツール

 

人気記事 【英語アプリ】3年間の英語勉強で本当に役立った、おすすめの英語学習アプリ10つ

人気記事【英語学習サイト】ペラペラになるまでに使って良かった英語学習サイト10つ【無料あり】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA